株式会社 麻田不動産

★ メタセコイア並木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタセコイヤはスギ科メタセコイア属の落葉高木です。クリスマスツリーに使われたりするほど端正な樹形が人気です。

「生きた化石」とも言われていますが、1945年に中国四川省でメタセコイヤが発見されて1950年頃に苗木で日本へ持ち込まれました。

新緑がとても美しい樹木で、秋には紅葉します。最高樹高は115mにもなるそうです。

 

高島市のメタセコイア並木は、1981年にマキノ町果樹生産組合が植えたのが始まりだそうです。その後、県道の植栽が延長されて現在の姿になりました。

約2.4㎞にわたって約500本のメタセコイアが植えられています。高原らしい景観が人気です。

 

【見ごろ】

<新緑>  4月下旬~5月

<深緑>  6月~10月

<紅葉>  11月下旬~12月上旬

<雪景色> 気象条件の良いときのみ

 

 

 

 

 

 

    メタセコイヤの紅葉      メタセコイヤの冬景色

 

【場所】

滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野

カーナビ設定「マキノピックランド」

マキノピックランドに無料駐車場があります。

 

【アクセス】

JRマキノ駅からマキノ高原線バスに乗車 約6分

「マキノピックランド」停 下車 すぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真提供 (公社)びわ湖高島観光協会                     一覧に戻る

 

Copyright (c) 2016 Estate-Asada Inc. All Rights Reserved.